2009年12月04日

国際ジャーナル 電池の改良による電気自動車の可能性

よれからの自動車産業については、やはりエコカーと呼ばれる分野が一番の焦点
になってくるのは間違いないと思います。その中で、次世代のエコカーの代表に
なるのではと評判なのが、日産自動車が提唱している電気自動車です。日産自動
車では、2010年後半に、5人乗りの乗用車タイプで、1回充電すると160
キロメートル走行できる電気自動車の発売を計画しています。電気自動車に関し
ては、ガソリンスタンドに代わる、電気供給のインフラ整備が必要です。また、
一回の充電で走行できる距離も伸ばしていく必要があると言えます。このような
状況で、日産自動車では電池の技術の改良を進めている模様です。そして、従来
の約2倍である、300キロメートルを走行できる電池の開発に成功したと、マ
スコミでは報道されています。さらに製造コストに関しても、従来の電池とほぼ
同程度になる見込みの様です。この電池を搭載した自動車は、2015年を目標
に実用化が検討されています。エコカーの進むべき道については、国際ジャーナ
ルなどのマスコミ各誌でも、話題にならない時がないくらいですが、様々な困難
を乗り越えて、日本の自動車メーカーの技術が、この分野に貢献できることはす
ばらしいのではないかと思います。





国際ジャーナル 取材 報道ニッポン 取材 現代画報 取材 国際通信社 取材 報道通信社 取材 現代画報社 取材 評判
国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判
posted by jj at 15:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。